加藤化学工業所


陶磁器用の釉薬の画像(陶芸用)1




タイルには不向きです→くわしく

1250℃〜1265℃で焼成(酸化) (1200度はこちら)



・86A−11(D)鉄釉(鉄砂) ・86A−12(C)亜鉛乳濁のチタン釉
 

 ・86A−13(D)12に+トルコ青 ・86A−14(C)12に+Fe+Mg



・86A−16(B) チタン釉(Mg多め) ・86A−17(C) (更にMg多め) 



・86A−28(E)亜鉛結晶 ・86A−29(E)チタン釉青(なまこ)




・86A−19(G) ・86A−20(D)



・86A−21(F)結晶釉青  ・86A−22(D) 



・86A−3(A)鉄釉(鉄織部) ・86A−4(A) 



・86A−6(A)鉄釉(飴〜黄瀬戸) ・86A−7(A)




・86A−24(B) ・86A−25(F) 
・86A−26(H)・86A−27(B)





・86A−35(C)クローム釉 ・86A−36(D)
・86A−1(C) 鉄釉(鉄織部)  ・86A−2(B)





・86A−30(E)  ・86A−31(A) 天目
・86A−9(E) ・86A−10(E)油滴天目






86A−40以外は小売りできます。86A−□(A〜J)←( )内のアルファベットが価格ランクです




   86A−40 (パールラスター)鉛釉 (・参考までに*製造致しません)




86A−39(E) 灰釉(土灰・ワラ灰)   86A−37×39(E.E)
86A−42(D)   そば釉         86A−37×42(E.D)





釉薬をかけないで焼いたタイル  86A−38(E) 釉薬をかけないで焼いたタイル
 86A−37×38(E.E)        86A−47×46(G.F)





20L×86A−49(E.E)     86A−48×46(H.F)  
86A−44×46(H.F)         86A−44×45(H.D)




86A−43(E)   86A−37×43(E.E)  
86A−41(F)      86A−37×41(E.F) そば釉









  上に戻る

                                                      「釉薬・塗料の色づくり承ります 加藤化学工業所」
  
inserted by FC2 system