加藤化学工業所

アクリル・ウレタン塗料(タッチアップ)のサンプル

実際の生産品やテスト品など


タッチアップ塗料
タッチアップ塗料の事例サンプル
白いタイルをウレタン塗料で色のついたタイルにしてみました。ベースだけでなく白や黒のつぶつぶも塗料で再現してみました。どちらか塗料でどちらが釉薬かわからないくらいの出来栄えです。上が釉薬で下は塗料です。本職が釉薬屋なだけにリアルです。
 
↓上は塗料で下は釉薬です。シンナーではがしてみました 。下地の釉薬をいかすとこんな感じにもなります。





補修用の湿式タイル。ゼロからつくるとコストがあわなかったため、近い色のタイルに塗装をして対応しました。
強度や耐候性は落ちますがコストを5分の1〜10分の1に抑えることが出来ました。
薄い色のものが塗装前のもので、既存タイルが小口サイズ(小)、塗装を施したものが二丁掛け(大)です。





ラスターのタイルのタッチアップをつくりました。金属皮膜のラスターに対して方向性のあるマイカで無理やりつくりました。
やはり見る角度で違って見えてしまいます。
 




黒い斑点までは無理ですが、色だけならなんとかなります   補修前 →  補修後
     

斑点が小さくて少なかったり、なかったりでしたらほとんどわからないくらいになります




自前の車をなおしてみました。 ↓





車のクリアーの塗料に蓄光顔料を入れてみました。アクア ナノ コート(無機塗料)や低温の釉薬に入れるより簡単でした。
ただ、顔料の比重が塗料よりも重く沈殿しやすいため、これをうまく分散させることが課題になりそうです。

↓友人に頼まれて製作しました。ガラス玉に塗りました。庭や玄関のコンクリートの打ちっぱなしに埋め込んで使用するそうです。


↓この石も同様に使用するらしいです。





上に戻る


                                                      「釉薬・塗料の色づくり承ります 加藤化学工業所」

釉薬

陶磁器用釉薬(陶芸)


親水性無機塗料アクアナノコート


3L・2LPコート


補修用・改修用タイル、セミオーダータイル


工場案内


ブログ


商品・試作品など


管理人の独り言


DIY用タイル


タッチアップ塗料

inserted by FC2 system